今日は外国人夫の
面白い日本語をご紹介したいと思います。

ある日二人でテレビを見ていた時のこと。

“イソウロウ”という言葉に主人が反応しました。

唐突に「イソウロウってなに?」
と聞かれたのです。

確かに日本語の日常会話では居候という言葉、
あまり使わないですよね。

夜眠たい時間帯に質問された私は、
あまり考えずにこう答えました。

「家賃も生活費も払わずに、
人の家に住み着くひとのこと!」

すると夫から帰ってきた一言。
「じゃあ、チェリーは居候だね!!」

チェリーとは、
我が家で飼っている愛猫の名前でございます。


確かに猫は家賃も生活日も払わず我が家に住んでいる...
でも、今まで居候という言葉を
猫に当てはめて考えたこともなかったので
おもわずクスっと笑ってしまったのでした。

この日から、我が家の猫ちゃんは
「居候のチェリーちゃん♪」
と呼ばれるようになりました。

居候のチェリーちゃんっと
呼ばれたときに振り替える愛猫の顔、
心なしか切ない顔をしているように見えることも...笑

しかし居候でもなんでも、
愛猫はかわいいものです♡
最後までお読み頂きありがとうございました(^^♪

フランス人夫との国際結婚生活
他にもこんな記事を書いています..

外国人夫の面白い言い間違い Part2