外国語を上達させたかったら
外国人のパートナーを作るのが近道だ!
こんな話、
一度は聞いたことがある方も多いかと思います。

これ、みなさん本当だと思いますか?

答えは、本当でもあり本当でもない、
という回答にさせて頂きます(^^

外国人のパートナーができれば
急速に語学が上達する人もいれば、
パートナーがいてもなかなか上達しない人も
いるからです。

今回は外国人のパートナーがいて
語学が上達する人・上達しない人の特徴

をそれぞれ挙げてみたいと思います♪


語学が上達する人の特徴

1.まず、自分が外国語をもっと話したい!
 どんどん上達したい!という思いがある人。

  元々のやる気と外国人のパートナーとの
  相乗効果で、上達のスピードがぐんっと上がります。

2.相手が使う新しい表現を
  どんどん吸収し自分のものにしていく人。

  相手とただ話すだけでなく、
  会話から盗めるものはどんどん盗もうとする為、
  ネイティブのパートナーから学んだ活きた表現が
  どんどん自分のものとなっていきます。

3、相手の使う表現をヒントに、あれこれ表現を派生
  していって自分の語彙を増やしていく人。

  相手が話す言葉や表現を自分のものにし、
  そこからさらに“こんなアレンジでも使える?”
  “この単語を置き換えればさらに違う表現になるのでは?”と、
  学んだ表現からさらに派生してさらに自分が使える表現
  の幅を増やしていくと、さらに飛躍的に上達します。

以上特徴を3つあげてみましたがいかがでしょうか。
これ、“私の理想”でもあります。笑
余裕がある時は、できる限り会話をするときは
このような“学ぶ姿勢”を心がけておりますが、
今となっては、これらを実践できているのは....
月1回ほど?でしょうか....笑


続いて、

語学が上達しない人の特徴

1.相手がある程度自分の母国語を
  話せてしまう場合。

  これ、一番上達しない例だと思います。
  ついつい楽して日本語で話してしまうのです。

2.自分がそこそこ外国語で
  思ったことを言えてしまう人。

  これは、ある程度外国語でも相手に思いが伝わる
  中級者の方々に多いです。
  自分が知っている知識だけで済ませることができる為、
  それ以上新しい語彙や表現をなかなか増やそうと
  しない場合があります。ただ、今のレベルで満足しており、
  会話が楽しめればそれで充分という方ももちろんいらっしゃいますよね。
  ここは、本当にひとそれぞれだと思います。自分が満足しているのが一番です♪

3.いつも話しているパートナーだから、
  自分の間違いをいちいち訂正しない人。

  これは、いつも同じパートナーとばかり
  外国語を話していると、多少発音や文法が
  間違っていても理解してもらえる為、特に改善しなくなったりします。
  これは、その人の意識次第ですね(^^;

はい、これらの悪い例、
主に私自身の例を挙げてみました....トホホ

現在私は、主人が出会った頃よりも
日本語がかなり上達してしまった為
最近は悲しいことに日本語ばかり
使っている気がします(^^;

パートナーだといつも話している為、
お互いの間違っている文法、単語でも
何となく言いたいことが分かってしまうんですよね。

私も主人がいつも
お米の粒を“1匹、2匹”と数えているのを聞いても
特に訂正せず今まで過ごしてきました。
ふと思い出すと結構笑えます。
そろそろ訂正してあげようかな、と思います。

時々、パートナー以外の外国語話者と話してみて
改めて自分のレベルチェックを
してみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、試験対策などで
主人に外国語の面接練習をしてもらう際は、
人が変わったように本気で、とても口うるさく
色々指摘してきてくれます。
あまりの厳しさに、
時々心が折れそうなこともあったりします。

それもまあ、無料で外国語の面接対策をしてくれて
いるのですから感謝しないといけないですね♪


今回は、外国語話者のパートナーがいれば
語学は必ず上達するのか?!
そんな話をしてみましたが、
何事にも“必ず”というものはないですね。
何事も、“その人次第”だと思います♪

本日もお読み頂き、ありがとうございました☆



フランス人夫との国際結婚生活
他にもこんな記事を書いています..

まだまだ知らない単語はたくさん!外国人夫の面白い言い間違い

外国人夫の面白い言い間違い Part2


告白はあるの?外国人とのお付き合いの始まり方


語学学習に関する記事はこちらにも..