【Bricolageブリコラージュ】という言葉、
聞いたことありますか?

直訳すると、
日曜大工、修繕、工作という意味の
フランス語になりますが、要するにDIYですね☆

フランス人は、
割とこのBricolage、DIYが好きな人が多いです。
好きというより、自分でできることは
お金をかけずに自分でやってしまおう!

というようなマインドで
Bricolageをする人が多いのだと思います。

私の周りのフランス人は、
割と物を長くずっと大切にする。
お金は賢く使う。
必要なものに必要な額だけ使う。
使えるものは最後まで使う。
そんな人が多い気がします。
個人的に、とても素敵だな♪と思います。

以前、フランスの田舎に住んでいた際、
窓ガラスが割れた部分をガムテープで固定し
これでもかというくらい使い古してもなお、
走っている車を何度か見たことがあります。

これでもか!という程、
毛玉がたくさんついたセーターを
ずっと愛用している人もいました。

これは少し行き過ぎな例かもしれませんが..笑
物を大切にするこのような精神、
私は大好きです!
個人的に今の世の中は物に溢れすぎかな、
便利になりすぎかなと思います。

ただ、このような光景は
フランスの田舎だから頻繁に見たのかもしれません。
パリなどの大都会では
あまり見ない光景かもしれませんね(^^;


話はBricolage に戻りますが、
義理の父もBricolageが大好き!
義理の両親宅はフランスの田舎にあるのですが、
内装がとてもお洒落で可愛い!
なんと義理の父が古家を購入し、
外壁や内装など全て自分一人で
お洒落なおうちに変身させたのだそう。
素晴らしい!

日本でそれだけのことをやるとなると、
何百万円とかかるのではないでしょうか。
Bricolageが得意な人、苦手な人、やる・やらないは
同じフランス人でも人それぞれではありますが、
Bricolage 人口の多いフランスの、
このBricolage 精神、私は大好きです♪


主人も義理の父の影響か?
Bricolage が大好きです。
最近は夫婦で、家の古くなった部分の
補修や修繕、ペンキ塗りなど
週末にそんなBricolage をして休日を過ごすのが
夫婦の趣味のようになっています。

身体を動かして何かを完成させる、
綺麗にする、生まれ変わらせる。
急激に暑くなった最近は
少し疲れたりもするのですが、
出来上がった後の達成感、
とても気持ちが良いのです♪

ゆくゆくは自宅の家具は全て手作り!
という生活をしてみたいな~
というような夢もあります♪


自分でできることは
お金をかけずに自分でやってしまう!

このフランスのBricolage 精神、
今後も大切にすることでものにきちんと愛着を
持って大切にすることができる。

おうちの一部をBricolage で変身させたのなら、
自分が手を掛けて作った環境だからこそ、
より大切に思える、
その場にいるだけでなんだか心躍る。

そんな気持ちも生まれてくると思います。

そんな精神、
今後私も大切にしていきたいなぁと思います(^^♪


日仏国際夫婦に日常
他にこんな記事も書いています..

まだまだ知らない単語はたくさん!外国人夫の面白い言い間違い

外国人夫の面白い言い間違い Part2