英会話上達の為のおススメ本、
タイトルにある通り、
ある1冊のおススメ本に偶然出会いました♪

初心者の方にはもちろん、
中級者の方にも良いのでは?と思ったので、
こちらでご紹介したいと思います。

早速タイトルをご紹介、こちらです♪
【100語で伝わる 魔法の英単語ランキング】
 

100語で伝わる 魔法の英単語ランキング【電子書籍】[ Cozy ]

価格:1,287円
(2020/6/23 15:37時点)
感想(0件)



私は日ごろKindleで電子書籍を買って
kindle端末で時々本を読むのですが、
私のKindle アカウントの本棚に
いつの間にか存在していたこちらの本。

正直、いつダウンロードしたのか覚えていません。
不思議です。笑

私は
Kindle Unlimited 会員(月額でUnlimited商品読み放題)なので
時間がある時に読もうかな~と思った本
主に語学の勉強に関する本を
時々一気にダウンロードすることがあります。

おそらくこちらの本もその際に
ダウンロードしたものと思われます。
(ただ、こちらの本おそらくUnlimited 対象ではないのです。
であれば私は追加で料金を支払って
購入したのでしょうか?やはり不思議です。)

こちらの本を読む前に他の英会話本も数冊読んでおりました。
しかしどれもそこまで面白いと思わずさっと読み流し、
それらを読み終えたところで
こちらの本を開いてみたのでした。

なんと、最初の数ページからなんか面白い。

「これを読み終えた頃には、今までとはまた違った角度で
語学の勉強に向き合える気がする。」

最初の数ページを読み終えたところでの私の感想です♪

英語を使って会話をすること、それは
日常会話で頻出する簡単な50動詞を
食事で言う【白ご飯】に例え、その50動詞を
ベースに他の単語を組み合わせることで
食事に【彩り】を与えていく。


↑初めの方には、このような例えが載っていました。

また will と be going to  のニュアンスの違いや、
本の中盤では、今までなんとなく使っていた助動詞
would】や【could】、
【might】などの微妙~なニュアンスの違い
などなど。

日本人の私達からしたら、
文法の勉強だけでは到底理解できない
色々な表現のニュアンスの違い。

そんな微妙なニュアンスの違いを、
ネイティブの思考に基づいて
分かりやすく、読みやすく、面白くまとめてあって、
しっかり理解しながらも
一気に1冊を読み終えることができました♪


1冊読み終えた後の感想は、

「これから、この本に出てきたニュアンスを
 しっかり使い分けて話すのが楽しみ!」

私は今日の今まで、【would】と【could】は
特にニュアンスの違いなど気にせず使っていました。

「必死になって難しい単語をたくさん覚えなくても、
海外ドラマにでてくる日常会話くらいなら
使えるようになりそうだ!」

読み終えた今、こんな気持ちです。

3つの海外ドラマの会話で出てくる頻出単語が
動詞・助動詞・副詞など、
パートごとにランキング形式で載っているので、
会話ができるようになるにはどの単語を優先的に
覚えれば良いのか、一目瞭然なのです。



読み終えたすぐのこの気持ちをシェアできればと思い、
たった今読み終えたばかりの状況で
こちらの記事を書いています♪

ただ、1度読み終えただけでは
もちろん使えるようにならないので、
こちらの本に紹介されている表現を、
取り合えずまるっと頭に入れてしまおう!
と、現在私はやる気に満ち溢れております(^^♪


もし、上記で紹介したような
表現のニュアンスの違いなどはもう完璧!
というEnglish Speakerの方には
必要のない本かもしれません。

しかしながら、初級者・中級者の方で
今まで曖昧にしていた助動詞の
細かなニュアンスをしっかり理解したい!
ある程度英語は使えるけど、
ちょっと違った切り口で英語学習について考えたい!

こんな方には結構オススメの1冊です✨

こちらの本を書かれた方のブログも
本に記載されていたので気になって覗いてみました。
これから読者になろうと思います♪

ずっと同じ方法で語学の勉強を続けることは、
正直時々飽きてしまいます。

今日は、
こちらの偶然出会った本をなんとなく読んだことにより、
日ごろの勉強に少しスパイスが加わった?!
ような気がしたのでこちらでご紹介させていただきました♪

皆様の日々の勉強が実りあるものになりますように...☆


語学学習に関する記事はこちらにも..